通学して医療事務を習うことのメリットとは

女性

幼稚園の先生になるには

保育園

学校に通うメリット

幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭免許状が必要となります。そのためには、幼稚園教諭の養成課程のある大学、短大、専門学校に通う必要があります。それらの学校の課程を修了して卒業することで、幼稚園教諭免許状を取得できるという仕組みになっています。その後、公立幼稚園への就職であれば都道府県が実施する教員採用試験を、私立幼稚園であればそれぞれの幼稚園で行われる採用試験を受けることになります。大学では4年、短大と専門学校では2年学ぶ計算になります。大学卒業後、大学院を経ることでも免許状を取得できます。幼稚園教諭免許状には種類があり、大学卒業では一種免許、短大、専門学校卒業では二種免許、大学院卒業であれば専修免許状となっています。ただ、免許の種類が異なっても仕事内容は変わらないといわれています。長く学ぶ期間があれば、専門分野をより広く、深く学べるメリットがありますが、その分の学費が必要となります。短期間での学習は忙しい毎日になりますが、学費を抑えられ、社会に早く出ることができます。また、大学や短大の場合、学士が得られるので、途中で進路変更したい場合に対応しやすいといえます。短大の場合、大学に編入することも可能となります。その他、現在幼稚園教諭として働いている人は、短大や専門学校を卒業している二種免許を取得している人が多いようですが、将来幼稚園を運営したい、というような上の役職に就くことを希望している人は、一種免許の取得を視野に入れてもよいといえます。