通学して医療事務を習うことのメリットとは

女性

キャリア設計とは何か

スーツの人

キャリアを考えるにあたり

長い社会人生活において、自身のキャリアを考える機会は必ずある。その際にキャリアをマネジメントすることができる資格として、キャリアコンサルタントが挙げられる。このキャリアをマネジメントする資格を取得することで、自信のキャリアを考えるきっかけにもなるし、またキャリアを他者に対してアドバイスできる専門家としても十分な知識を持つことができる。就職の斡旋や社内の部署異動をする際の相談窓口としても活躍することができる。具体的にはキャリアを考える人のこれまでの経歴や保有しているスキル、社会人生活において何を実現していきたいかを相談やキャリアチェックシートを用いて明確にしていき、どのようになりたいかを見える化して本人に気付かせる。その上で最終的には自己決定させることが非常に重要なポイントである。人は答えを与えられて動かされることに不満を持つ傾向があるため、本人がキャリアをマネジメントするために必要な情報提供や相談を行えるスキルを身に付ける資格という位置付けになる。キャリアマネジメントの資格保有者の活躍する場は、近年ますます広がっており、企業内や転職支援だけではなく、学校における就職の相談窓口としてもスキルを活用した適切なアドバイスが求められている。就職を決めることは、人生においてとても大きなイベントとして考えられる。安易に意思決定して誤った方向にいき、後悔することがないよう、キャリアコンサルタントの意見を聞いてキャリアを考えることが大切である。